一口で広がる幸せ ジャスト・ワン・バイト スナヤンシティー

 あらゆるスイーツで楽しめる、フルーツと生クリームの組み合わせ。中央ジャカルタのモール、スナヤンシティーにこの「定番」を存分に楽しめる店があると聞き、訪ねてみた。

 訪ねたのは、モール5階のフードコートの一角にある「ジャスト・ワン・バイト」。ハウスグループの壱番屋(本社・愛知県一宮市)が展開するカレーチェーン「CoCo壱番屋」の隣にあり、店内には色鮮やかなフルーツが並べられている。
 メニューは、フルーツジュースやヨーグルトなど11種類31品目。砕いた氷とフルーツなどを合わせた、かき氷のようなスイーツもある。なかでも目を引くのは生クリームと角切りされたスイーツ、フレッシュジュースを組み合わせた「サマースラッシュ」だ。
 マンゴー、りんご、パイナップル、メロンの4種類(各3万6500ルピア)で、それぞれのフルーツと生クリームがミキサーで作ったフレッシュジュースの上にのる。甘い物好きにはたまらない。
 パイナップルをスプーンで拾い上げ、生クリームと果肉の食感を楽しんだ後、フレッシュジュースを飲む。甘さ全開の生クリームと控えめなジュースのハーモニーに果肉の食感が加わり、一口ごとに幸福感に包まれる。
 リンゴはより甘さの上下が楽しめるが、生クリームとの相性は微妙。メロンは生クリームとはよく合うが、すこし甘すぎる印象で、記者のおすすめはマンゴーとパイナップルだ。
 もちろんジュース以外にも魅力的なスイーツはある。日本のかき氷のような「スノー・アイス」は4種類あり、ナタデココと紫芋を使った一品で、「タロ・ウィズ・ミルク(3万2千ルピア)」はフィリピンの定番スイーツ「ハロハロ」に似た甘さを楽しめる。
 また、口直しにはコーヒーや紅茶があり、ブラック・レモンティー(税込み2万3千ルピア)は紅茶の渋みとレモンの香りが味わえる。
 甘い物を思いっきり食べたくなったとき、訪ねてみてはいかがだろうか。(大野航太郎、写真も)

◇Just One Bite
住所 Senayan City, Lantai 5, Delicaé, Jl. Asia Afrika, Senayan, Jakarta Pusat
営業 午前10時〜午後10時

スナン・スナン の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly