思い出のあの場所に再び タマン・ブンガ・ヌサンタラ

 青空の下で思う存分〝光合成〟をしたい。コロナ禍で閉塞的な日々が長引く中、切にそう思う事がある。子どもたちにも外の空気を吸わせようと、家族会議の結果、西ジャワ州チアンジュールにあるタマン・ブンガ・ヌサンタラに行くことにした。広大な敷地に咲き乱れる花々。イメージは膨らみ、妻も弁当作りに熱が入る。この時、実は密かに考えていたことがあったが、それは現地に着いてからのお楽しみとした。       

 自宅があるチカランから公園まで車で約2時間。飽きてしまったのか、妻と長男3歳、そして生後4カ月の長女は夢の中へ。孤独な運転手となるが、ボゴール市を抜けてプンチャック峠にさしかかると、気温は一気に下がって窓は全開に。清々しい涼風に身を任せると、コロナ禍を忘れそうになるぐらい気持ちよく、子どもたちの寝顔に癒やされながら、目的地を目指した。
 メインゲートを入ると、バラなどがいっぱいに咲く庭園風景が広がる。アジアのほか南米やオーストラリアなど各国の植物が集められた公園の敷地は、5万平方メートルと東京ドームがすっぽり入る広さがある。
 公園内には日本庭園もある。大阪で4年間の留学をする機会があり、懐かしい風景だった。「例年ならサクラが9~11月に開花する」と公園の職員が教えてくれた。この日は残念ながら、花見という訳にいかなかったが、開花時にはまた来てみたい。
 子ども連れならぜひ訪れたい場所がある。その名も「ラビリンス(迷宮)」。植木の迷路のような庭園があり、大人も子どもも楽しめる空間になっている。ただ、小さな子どもは迷路に隠れてしまうかもしれず、ぜひ大人と一緒に楽しんでほしい。
 さて、この日の計画も終盤に入り、密かに再訪を考えていたピクニック広場に向かった。
 ここは2年近く前、妻とデートをした場所だった。私は妻の前で地面に左膝をついて言った。「結婚してください」。驚く妻は「ウソばっかり」と複雑な表情。そこで差し出した。婚約指輪。「これから私の家族を紹介したい」。妻は泣き崩れ、小さくうなずいてくれた。
 コロナ禍で大変な日々がこれからも続きそうだが、こんな時こそ、家族との絆を確かめ合うのも悪くないと思った。(センディ・ラマ、写真も)

スナン・スナン の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly