自国を誇るスーパーマーケット M Bloc Market

 南ジャカルタ・ブロックMから大通りに沿って北に行くと、右手に1年半ほど前にお目見えした「mbloc」がある。一歩足を踏み入れると、東京・代官山のように洗練されている一方、原宿の裏通りのようなグラフィティ・アート(落書き)が壁いっぱいに描かれている。集まるのはミレニアル世代。カフェや雑貨店が並び、インスタ映えを狙う若者たちを惹きつける空間だ。そんな場所に新しいコンセプトを持つスーパーマーケット「M Bloc Market」が4月19日、開業した。

 店内に入る前、博物館のように示された順路をたどると、重厚で古びた印刷機や裁断機などが展示されたスペースに入る。ここがかつて造幣局だったことを感じさせる展示物は、若者にも歴史を知ってもらうアイディアだ。
 自然の緑色や木目調をベースとし、落ち着いた雰囲気の売り場には野菜、肉、魚といった食材のほか、見慣れないものも多く、商品棚に吸い寄せられてしまう。魅力的なパッケージに包まれた国産コーヒーやチョコレート製品の種類は数え切れないほど置かれている。mbloc内ではキャッシュレス支払いのみ受け付けているため、会計もスマートだった。
 おしゃれで少し高級なスーパーマーケット。そんなイメージが先行するが、店員のピオさん(25)は「ここの商品の7割以上が国産品」と誇らしげに話す。やはり店員として働くエリヤンティさん(41)は、「大手の業者より中小企業や個人と直接契約を結び、ローカル製品の応援に力を入れている」と説明してくれた。
 経営者のホンゴ・エドガー・ウィタクラマさん(34)は以前、mbloc内でコンサートなどを開催してきた。ところが、昨年から始まった新型コロナウイルス感染拡大で、「人を集客するイベントの開催が難しくなった」という。
 そこで1年間の構想を経て、倉庫だった場所をスーパーマーケットに改築。古い建物を取り壊すのではなく、原型はそのままにコンクリートの壁を残したりと、古き良き時代の雰囲気を生かすのがエドガーさんのこだわりだ。「建物の再利用。インドネシアではこれからそういった考えが増えていく」と話す。
 商品パッケージにモダンなデザインが多いのは「観光客にも定番ではない、目新しいお土産として手にとって欲しい」という思いが込められているからだ。
 国産製品や中小企業、歴史ある建物に眠るポテンシャルを引き出すエドガーさん。「ブロックMにいる日本人にもぜひ見に来て欲しい」と自信をもって話す。(三好由華、写真も)

スナン・スナン の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly