財政は大丈夫?

クナパくん インドネシアでは、新型コロナウイルスがまだまだ猛威をふるっているね。
記者 政府も今年の歳出全体の20%にあたる553兆900億ルピア(約9兆円)を新型コロナの経済対策となる「国家経済復興(PEN)プログラム」に割り当てたんだ。
クナパくん さすがに、ゴムの国といわれるインドネシアでも、国家予算はそれほど簡単に伸びたりしないよ。調整が大変かな。
記者 例えば、新型コロナのワクチン接種費用には73兆3000億ルピアが必要とされている。これは、よく話題になるジャカルタとバンドンを結ぶ高速鉄道の整備予算とほぼ同額だね。昨年度のPENプログラム向け予算は、歳出全体の26%、695兆2000億ルピアを急遽割り当てたので、首都移転の準備予算も削らないとならないとスリ財務相は言っていたけどね。
クナパくん 主にインフラ整備予算が削られたの?
記者 公務員の給料とか教育費を削るとか、翌年に持ち越すような調整は難しいので、そうなるね。ただ、借款などを利用して予算化しているものは用途を決めた上で借り入れなので、簡単には変更できないけどね。
クナパくん それなら借り入れ増やしてインフラ整備すればどう?
記者 借り入れるということは、対外債務が増えるから、今後返済が増えて財政を圧迫するんだよ。1997年、アジア通貨危機の時に対国内総生産(GDP)で72%を超えてしまった対外債務を日本の協力を得て、新宮沢構想と呼ばれるセクタープログラムローンの供与を受けながら数年かけて乗り越え、それから30%となるように抑える努力をしてきた。けれど、2019年には37%と目標を超えてしまったんだ。
 もう1つの政府の財政健全性の指標である財政赤字の縮小は、財政政策庁(BKF)のガイドラインの3%を守ってきたのだけれど、昨年度はコロナ関連の財源確保の国債の発行などで6%を超えてしまったんだ。このような状況は、インドネシアの財務の健全性への信頼低下となり、ルピア安を招くリスクもでてしまうんだ。インフラ整備には、まだまだ投資が必要で、日本で取り組んできた新財源の整備などのノウハウや民活など一緒に取り組める可能性はまだまだあるかな。
クナパくん 早くコロナが収束して、2億7千万人の人口を抱える大国にふさわしい国家開発へ向かえるといいね。

不思議インドネシア の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly