「写真グラフ」のニュース一覧

元宵節祝う ボゴールでパレード (02/13)

 イムレック(春節、中国正月)から15日目に当たるチャップ・ゴ・メ(元宵節)の11日、インドネシア各地で華人らが春節の締めくくりを祝った。西ジャワ州ボゴール市で... 全文を読む

パレードに向かって手を振る観客
線香を手にお参りする親子
通りを動き回った登り龍
雨の町らしく鮮やかな傘を手にパレードに参加
日没後、再開されたパレード
福徳廟にお参りに来た華人

発表会で成果を披露 JJS幼稚部 懸命に歌って踊って (02/06)

 バンテン州南タンゲラン市にあるジャカルタ日本人学校(JJS)幼稚部(吉野恵理子園長)は4日、同部のホールで恒例の生活発表会を開いた。年少のくま・りす・うさぎ組... 全文を読む

発表会を締めくくった年長組全員のアンクルン演奏
「青い空に絵を描こう」を合唱するりす組
「ドレミのまほう」を演奏するうさぎ組
劇「ねずみの嫁入り」を演じるくま組
劇「じごくのそうべえ」で長い台詞に挑戦したらいおん組
豊かな声量で合唱するぞう組
中国の民話を題材にした劇「王さまと6人の兄弟」を演じるきりん組
がんばりタイムで跳び箱の成果を見せる園児

平和を祈る テロ警戒下のXマス (12/26)

 クリスマスを迎えたインドネシアでは、イブの24日と25日、キリスト教徒が教会を訪れ、祈りをささげた。邦人社会でもジャカルタ日本語キリスト教会(JJCF)がクリ... 全文を読む

ミサに参加するキリスト教徒ら=24日夜、東ジャワ州スラバヤ市
教会で開かれたミサ=24日、中部ジャワ州スコハルジョ県カルタスラ郡
教会の警備にあたる警察官=24日、バリ州デンパサール(写真はいずれもアンタラ通信)
練習の成果を発揮したサザンクロス混声合唱団
日本語キリスト教会の有志らによる聖歌の合唱=いずれも平野写す

笑いあり、涙あり 劇団en塾「殿様の宴」 (12/19)

 インドネシア人大学生による日本語ミュージカル劇団「en塾(エンジュク)」は17、18両日、中央ジャカルタのジャカルタ芸術劇場(GKJ)で、年に1度の本公演(在... 全文を読む

錦之助とお城で対面し驚く芝居小屋の芸人ら
主人公の錦之助(左)と芝居小屋の掃除係の金吾
そろばんを大切にしている番頭さんにくっつく村の女性
迫力ある歌舞伎を披露
「噂のダメトノ」を歌うシーン
芝居小屋で見せた傘まわし
歌舞伎の女形を演じる雪之丞と妻のナツ

将来は五輪種目へ プンチャック・シラット世界大会 バリ (12/05)

 3日にバリ島で世界大会が開幕した伝統武術、プンチャック・シラットは2018年ジャカルタ開催のアジア大会で初めて正式種目に決まっている。今後は五輪での採用を目指... 全文を読む

パフォーマンスで気合いを入れる選手
開会式に出席する各国の参加チーム
開会を宣言し拍手でたたえるインドネシア・プンチャック・シラット協会のプラボウォ会長
開会式で武器を使ったパフォーマンスを披露する選手
試合で蹴りを入れる徳宮さん
唯一日本人で審判を務める早田さん
初の世界大会に挑む杉山さん

友好親善大会で優勝 日イ球児らと交流も 東都大準硬式野連選抜チーム (11/28)

 第1回日イ親善野球大会「レッドソックス深谷組カップ」の決勝が26日、西ジャワ州ボゴール県スントゥールのジャカルタ・ジャパンクラブ(JJC)グラウンドで行われ、... 全文を読む

優勝し歓喜する選抜チームナイン
球児を集めて走塁の説明をする小林選手(左端)
「忍者のように」腰を落としてフィールディングをする練習
打撃指導を受けるナイラさん(右)
ピッチング指導の様子。肩の動かし方も教わった
ベースランニングの練習。「体を傾けて」と指導の声が響いた
帝京大から東北楽天イーグルスにドラフト6位で入団した鶴田圭介投手(写真中央)に、息子2人に宛てたサイン書いてもらう竹下裕美子さん(同左)

4000人が笑顔で汗 住民との交流や文化体験も ジョクジャ世界遺産ウオーク (11/21)

 ジョクジャカルタ世界遺産ウオーク(主催・ジョクジャカルタ・ウオーキング協会、実行委員長・マンクブミ王女)が19、20の両日、ジョクジャカルタ特別州で開かれた。... 全文を読む

2日目のスタート地点で駆け出す参加者たち
ジャカルタ歩く会からは多くのメンバーが参加した
イモギリ地区の吊り橋を歩く人たち
植樹前に記念撮影するマンクブミ王女(左から6人目)
国外からの参加者には、かばんに国旗を差して歩く人も
沿道で応援する地元の小学生たち
チェックポイントでスタンプを押してもらう参加者ら

子育て相談 248 お化粧は早い? (03/24) 有料

質問:中学生の娘がお化粧をしたいと言い、お小遣いで化粧品を買ってきました。髪を染めたりしている友人もいるようですし、かわいくなりたいという気持ちもわかります。で... 全文を読む

血と汗の闘い 暗がりの違法闘鶏 (12/02)

 跳び蹴り、かみ付き、踏みつけ……何でもありの違法の闘いが毎週末、東ジャカルタの伝統市場の薄暗い一角で繰り広げられている。男たちが金を託し、大声で叫ぶ先で血を流... 全文を読む

闘う軍鶏
身を乗り出して闘鶏を見る男たち
にらみ合う軍鶏
闘う軍鶏
跳び蹴り
闘いの前後は水浴びをさせて清める
かごの中で売られる軍鶏
「マッサージも重要」
首を絡ませると小康状態

沈む学校 沈む故郷 2週間後に児童ゼロ (09/21)

 ジャティグデ・ダムに沈む村の一つ、チパク村に住むナタさん(46)は妻と母親との3人暮らし。8.8ヘクタールの水田を持ち、1年に2回の収穫で7トンのコメを収穫し... 全文を読む

小学校で遊ぶ児童。だが、2週間後には誰もいなくなる
ダム湖に沈む水田。今は田植えは禁止されている
家を解体する業者
沈むアジ・プティ王の墓に参拝中に涙を流す女性
地元のコメで作るラギナンとよばれる菓子を天日で干す女性。エビ味を付けて揚げるとできあがり
ダム湖とダム(左奥)を見に来た地元の人たち
沈む墓地には先祖の墓を掘り返した土を白い布で包み、新たな墓に移動させる人がいた
解体された家。水道だけは残っている
引っ越しのために荷物やごみを仕分けする家族