中学校校舎を引き渡し 教育環境整備で社会貢献 日本大使館

 在インドネシア日本大使館は10日、西ジャワ州バンドン県チカドゥット村で中学校校舎の引き渡し式が行われたと発表した。学校整備事業は、日本政府の「草の根・人間の安全保障無償資金協力」の一環となる。
 引き渡しが行われた校舎は、教室3室、図書室1室、トイレ2室、倉庫1室で構成される。今回の支援は2020年3月、大使館とアル・ゴファル・ヌルル・マティン財団との間で署名し、実現にこぎ着けた。
 同村のアル・ゴファル中学校では教室の収容能力が不足しており、生徒は近隣のモスクなどで授業を受けている状態だったという。日本政府は今回の支援を通じ、校舎や備品などを整備。学習環境の向上に期待を込めた。
 引き渡し式典には、日本大使館側から木村祐輔書記官が、インドネシア側からは同財団のミスミット・フセン代表などが参加した。


日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly