アニス知事が直接対話 最低賃金引き上げ要求デモ KSPI

 ジャカルタ特別州政府が提示した2022年の州最低賃金(UMP)が不服として、労働組合総連合(KSPI)は29日、州庁舎の前で上昇幅の見直しを求めるデモを実施した。デモ参加者は主催者側の発表で数百人とされる。
 KSPIのウィナルソ会長は、「デモはジャカルタ特別州のアニス・バスウェダン知事に対し、来年のUMPを決めた決議書の取り消しを促すことを目的としている」と述べた。
 これを受けてアニス知事は、デモに参加した労働者たちとの直接対話に応じ、「(政府の)算定式がジャカルタの実態に合わない。私は今、みなさんと一緒に戦っている」と理解を示した。
 その上でアニス知事は、算定式の見直しを視野にイダ・ファウジア労働相との協議に入ったことを明らかにした。(センディ・ラマ、写真も)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

トップ インタビューNEW

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly