BJSで写生会実現 インドネシアのフルーツを描く

 バンドン日本人学校(BJS、西ジャワ州バンドン市)でこのほど、写生会が実施された。子どもたちは校内でインドネシア産のフルーツを熱心に描いた。
 写生会は8月中旬に実施を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期を強いられた。オンライン授業となった昨年度の写生会は、各家庭から見える風景を題材に絵を描いたという。
 BJSの山田啓史校長は「今年は学校のテラスで写生会を実施した。子どもたちが教師から直接、彩色指導などを受けることができた。園児や児童の造形的表現力や描写意欲、インドネシアへの理解が少しでも高まることを願っている」と話した。
 写生会に参加した小学部3年の太田紗月さんは、「パイナップルの模様を描くのをがんばりました」とコメントを残した。(長田陸)

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

トップ インタビューNEW

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly