タンゲランの刑務所火災 職員3人の容疑認定 警視庁

 受刑者49人の死亡が確認されたバンテン州タンゲラン市の刑務所火災で、ジャカルタ警視庁のユスリ・ユヌス広報部長は20日、同刑務所で勤務する職員3人を容疑者として認定したと発表した。ユスリ広報部長は3人の容疑者の身元については言及を避けた。地元メディアが報じた。
 3人の容疑者についてユスリ広報部長は、「(8日の)火災が発生した当時、刑務所で勤務していた」と説明した。また、容疑事実に関する詳しい説明は避けながらも、「捜査の結果、放火罪(刑法第187条)または失火罪(刑法第359条)の疑いがある」と述べた。
 放火罪が成立した場合は最大20年、失火罪の場合は最大5年の懲役が科せられる。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly