ワクチン接種証明書を偽造 ボゴール県の夫婦逮捕

 北ジャカルタ・タンジュンプリオク港警察署は21日、新型コロナウイルスのワクチン接種証明書を偽造していたとして、西ジャワ州ボゴール県に住む夫婦2人を逮捕した。地元メディアが報じた。
 同署によると、2人は偽造した証明書を一通約30万ルピアで交流サイト「フェイスブック」で販売していた。
 夫婦は2020年4月から、ワクチン接種証明書のほか、住民登録証(KTP)や免許証(SIM)などを偽造しており、これまでに約2億5500万ルピアの荒稼ぎをしていた。
 国内では、公共交通機関や伝統市場に入場する際、ワクチンの接種証明書やPCR検査の陰性証明書などの提示を要求される機会が増えている。それに比例して証明書の偽造をする犯罪も増えている。
 ジャカルタ警視庁は10日、接種証明書とPCRの検査結果を偽造したとして2人を逮捕、22日には接種証明書を偽造したとして3人を逮捕している。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly