ドリンク4万7000本製造、配布 ホッカン・インドネシア

 ホッカン・ホールディングスと豊田通商の合弁会社で、西ジャワ州ボゴール県チアウィに清涼飲料の受託充填の工場を構えるホッカン・インドネシアが、社員や近隣住民などに無料配付するビタミンドリンク4万7千本を製造した。新型コロナウイルス感染拡大を受け、手の空いた製造ラインを活用して昨年から始めたプロジェクトで、10日に工場周辺の村に配った。
 ドリンクは自社開発で、フレーバーは社員から好評だったオレンジとマンゴーを採用。パッケージには「マスクをしよう」「手洗いをしよう」など感染対策のメッセージを添えた。
 同社は2011年7月設立。非正規を合わせ約190人を雇用する。インドネシア企業の飲料のほか、伊藤園ウルトラジャヤホールセールの「おーいお茶」や日本食スーパー「パパイヤ」の「茶王」「紅姫」などを製造している。

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly