2月から陰性証明を電子化 偽造事件に対応 スカルノハッタ

 偽造された新型コロナウイルスの陰性証明書が大量に出回っていた事件を受け、国営空港運営会社の第2アンカサプラのムハンマド・アワルディン社長は24日、スカルノハッタ国際空港(バンテン州タンゲラン)で搭乗客が提示する陰性証明書を電子化すると発表した。地元メディアが報じた。
 電子化は保健省のヘルス・アラート・カードアプリ(eーHAC)を使用。新型コロナの検査を行う医療機関は今後、検査結果をeーHACへ登録するようになる。アプリは個人が健康状態や滞在場所などを登録するもので、これまでは国内線搭乗者の使用が義務づけられてきた。
 電子化が始まる時期について同空港保健局は、2月からの実施を見込んでいる。今後は医療機関や空港内に設けられた8カ所の検査場で新型コロナ検査を受けた場合、結果はeーHACに送信されるデータで管理。搭乗者はチェックイン時、アプリに表示されるQRコードを提示することで、陰性証明の保持者であることが確認される。
 同空港では18日、空港警察がPCRや迅速抗原検査の陰性証明書を偽造、販売したとし、刑法違反容疑で空港の検疫所職員を含む15人を逮捕した。これまでの調べで、偽造証明書は数百人が購入していたことがわかった。
 偽造された陰性証明書をめぐっては、台湾で陰性証明書の保持者から感染者が相次いで発覚。台湾当局はインドネシア人の入境拒否を決めるなど、国際問題にも発展していた。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly