個人向け出前開始 クリック・イート 新型コロナに対応

 出前注文サイトを運営するクリック・イート・インドネシアは6日、日本料理店「伊勢屋」と提携し、個人向けの弁当配達サービスを開始した。法人向けに事業を展開してきたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う、政府による外出自粛要請や在宅勤務の増加を受け、高まった個人向けのニーズに対応する。日本料理に特化し、今後提携店を拡大していく方針。
 2016年にサービスを開始。飲食店と提携し、研修などで弁当が必要な法人向け、配達サービスを行ってきた。ウェブサイトやモバイルアプリで注文を受け付け、自社のドライバーが配達する仕組みで2500社が加入しているという。
 だが新型コロナウイルスの感染拡大を受け、法人向けの需要が縮小。青柳健一・最高経営責任者(CEO)は「注文が激減し、アクセスもかなり減少した」という。反対に個人向けの需要が上昇していることから、日本料理に特化することで同様のサービスを持つゴジェックやグラブと差別化しながら、個人向けの出前を始めることを決めた。
 法人向けでは前日までの申し込みとしていたが、個人では午前9時半までの申し込みで昼食の時間に届けられるように変更。今後、夕方までの注文で夕飯用の弁当を届けられるようにするなど、時間帯を広げる。
 現在配達が可能なのは伊勢屋の弁当だけだが、日本食店2店の追加に向けて動いているという。配達可能エリアはジャカルタ各地(スティアブディ、タナアバン、ジャティヌガラ、マカッサル、メンテン、テベット、チランダック、クバヨランバル)。
 注文はウェブサイト(foodspot.co.id/bento)とモバイルアプリ、電話(021・2954・5050)からできる。

経済 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly