アホック氏、大阪で投票 「1」ポーズ PDIP支持を呼びかけ

 アホック元ジャカルタ特別州知事は14日、滞在先の大阪で大統領選・総選挙の在外投票に臨んだ。インスタグラムに投稿した写真では候補者番号「1」のポーズでジョコウィ大統領に投票したことを示し、ユーチューブを通じて闘争民主党(PDIP)への投票も呼びかけた。

 アホック氏は宗教冒とく罪で禁錮刑を受け、ことし1月に約2年ぶりに出所。その後、PDIPへ入党したが、表舞台には姿を見せず、ユーチューブチャンネルを開設したり、外国を訪れたりしている。関係者によると、日本へは観光目的で訪れていたという。
 13日には「なぜ私がPDIPを選んだか」と題する動画を投稿。今回の選挙戦はイデオロギーの戦いでもあるとし、パンチャシラ(建国5原則)や1945年憲法、国是「多様性の中の統一」を尊重しているPDIPを選ぶべきだと主張、「私を信じるならば、PDIPが国会で3割の議席を獲得できるよう、PDIPを選んでください」と力強く呼びかけた。 (木村綾)

政治 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

イ日写真展10年の軌跡NEW

別刷り特集NEW

有料版PDFNEW

HALO-HALOフィリピン

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly