【アジアを駆けた半世紀 草野靖夫氏を偲ぶ(31)】 国家分裂の危機の中で 米元文秋

 「チャウチャウみたいな人だな」。失敬ながら、これが草野さんの第一印象だった。一九九九年十一月、ジャカルタのホテル。記者団で、日本から来た政治家を囲んでいた。丸顔を振り振り、ほほえむ。大先輩記者である.....

総文字数 :834文字 残り734文字

この記事は有料記事です。有料会員の方はログインしてください。

ログインID:
パスワード:

デジタル版のお申込みはこちらから。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly