700メートルの鉄橋が崩落 東カリマンタン州マハカム川 死者4人、負傷者40人

 カリマンタン島を流れるマハカム川をまたぎ東カリマンタン州トゥンガロン郡と南トゥンガロン郡を結ぶ第二マハカム橋(クタイ・カルタヌガラ橋)が二十六日午後五時半(中部インドネシア時間)、突如崩落した。地元紙によると、橋を通過していた自動車やオートバイが海に投げ出され、四人が死亡、四十人が負傷、二十人以上が行方不明となった。在スラバヤ日本総領事館によると二十七日午後七時時点で邦人の被害は確認されていない。インドネシアの一層の経済成長に向け、インフラ整備促進が至上命題となる中、国内最長となる吊り橋型の構造の鉄橋が崩落するという大事故を重大視したユドヨノ大統領は二十六日、関係閣僚に対し、早急な原因究明を指示した。

 スディ・シララヒ国家官房長官は「東カリマンタン州知事の報告を受け、ユドヨノ大統領は大臣らを同州に派遣し、原因究明と被害者救助を指示した」と語った。
 ユドヨノ大統領は中央ジャカルタのジャカルタ・コンベンション・センター(JCC)で、二男のエディ・バスコロ・ユドヨノ氏とハッタ・ラジャサ経済担当調整相の長女シティ・ルディ・アリヤ・ラジャサさん(二五)の結婚披露宴に出席していたが、報告を受け急きょ大臣を招集。二十七日にジョコ・キルマント公共事業相、アグン・ラクソノ公共福祉担当調整相、エンダン・ラハユ保健相が現地入りし、調査を行った。
 ジョコ・キルマント公共事業相は事故を受け「インドネシア全土にある築十年以上の橋の検査を行う」との方針を表明。事故の原因はまだわかっていないが、事故当時、橋は修理中だったという。
 クタイ・カルタヌガラ橋は二〇〇一年に竣工、全長はインドネシアの吊り橋では最も長い約七百メートル。米サンフランシスコにかかるゴールデン・ゲートブリッジに似ていることや、州都であるサマリンダを結ぶことから市民にもよく知られた橋で、交通の要所として利用されていた。
 マハカム川はカリマンタン島で最も流域面積が大きい川で、先住民族のダヤック人の集落や河イルカなどが見られるとして観光地としても人気が高い。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly