ワクチン在庫不足に 輸入遅れが原因 バリ州など

 保健省感染予防・管理局のシティ・ナディア・タルミジ局長は6日、一部の州で新型コロナウイルスワクチンの在庫が不足していると発表した。海外から輸入するワクチンの到着が遅れているためとしている。地元メディアが報じた。
 バンカブリトゥン諸島州の在庫は1219回分にまで払底。全国34州で最も不足していた。バリ州が4056回分、北カリマンタン州で8035回分と不足している。シティ氏は「在庫に余裕のある州から不足している州に分配する」と説明している。
 6日現在、新型コロナワクチン1回目の接種率は約87%で、2回目は約72%となった。一方、ブースターの接種率は約27%に止まっている。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly