犠牲祭、10日に 宗教省

 宗教省のザイヌット・タウヒッド・サアディ副大臣は6月29日、今年のイドゥル・アドハ(犠牲祭)は10日になると発表した。犠牲祭の日程は新月観測で決められる。政府は当初、9日を犠牲祭としていたが6月29日に行われた観測で新月が確認されなかっため10日となった。地元メディアが報じた。
 政府による新月の観測を行うのは宗教省の地方事務所職員。ザイヌット氏は「国内86カ所の観測地で新月が確認されなかった」と説明した。
 犠牲祭はイスラム歴第12月10~13日。牛や羊などの動物をアッラーに生贄(いけにえ)として捧げる。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly