連帯強化を訴え 市制211周年記念式典 バンドン市長 

 西ジャワ州バンドン市の市庁舎で25日、バンドン市の市制211周年を祝う記念式典が開催された。式典には同市のオデッド・ムハンマド・ダニアル市長やテディ・ルスマワン市議会議長らが参加した。
 式典でオデッド市長は、「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)から立ち上がるため、連帯感を強めなければならない。新型コロナの感染者数が減少していても、市民は(感染症対策を)疎かにしないことを願っている」と訴えた=写真。
 この日の式典では、市長の演説に続き、バンドンの特産品でもある竹製の伝統楽器「アンクルン」を使い、地元の音楽家グループが愛国歌「ハロハロバンドン」などを演奏した。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly