おわび

 密造酒の摂取が原因とみられる在留邦人の死亡に関する取材で、じゃかるた新聞の30代男性記者が28日、短文投稿サイト「ツイッター」の自社アカウントを通じ、匿名も含めた情報の提供を呼びかける書き込みを行いました。
 これは取材手法として常軌を逸する行為であり、「正確と公正」を定めた報道倫理にも反するもので、読者のみなさまに深くお詫び申し上げます。ツイッターにおける軽率な書き込みは取り消し、削除しました。
 なお、弊紙は呼びかけに応じた情報提供を一切受けておらず、今事案に関しても厳粛な取材活動に基づく報道に徹していますが、信頼の回復のためにも、再発防止に向けてコンプライアンスの再徹底を図り、社内における記者教育の見直しを実施していきます。(編集長・長谷川周人)

お知らせ の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly