「火焔樹」のニュース一覧

【火焔樹】知られざる文化の共通点 (07/10)

 「無知が原因の過ちは、相手に真心さえあれば許すことができる」と誰かが言っていた。我々が知っている無知は、教養がない人のことを指すことが多い。発展途上国には無知... 全文を読む

【火焔樹】協力隊の心に残る成果 (06/30)

 青年海外協力隊は日本のODAの一環で国際協力機構(JICA)がさまざまな職種のボランティアを海外に派遣するものだ。今インドネシアには約30人の隊員が各地で活動... 全文を読む

【火焔樹】ウルトラマンを呼ぼう (04/03)

 私事で恐縮だが、お掃除クラブの活動の一環で紙芝居を南ジャカルタ・スティアブディの幼稚園で行なった。私たちのキャラクターであるごみかいじゅうは、ごみを食べて大き... 全文を読む

【火焔樹】ジャパニーズオンリー (03/20)

 ずいぶん前だが、日本人の少年野球のコーチを募集しているので応募した。当時、私はインドネシア名を名乗っていたせいか、野球を知らないからと断られた。電話だったし、... 全文を読む

【火焔樹】「4人じゃなく5人です」 (03/07)

 バリ島で7人の日本人女性ダイバーが遭難した事故を日本のメディアと一緒に取材した。97年にスラウェシ島で5人の日本人ダイバーが遭難したときも現地に行った。インド... 全文を読む

【林哲久の為替・経済ウィークリー】 下落懸念は遠のく 相場変動には注意  (02/25) 有料

 最近、世界の新興国市場が動揺している割にルピア相場が反転上昇していることに気が付かれている方も多いと思う。経常収支赤字の拡大に歯止めがかかりつつあるとの見方が... 全文を読む

【火焔樹】適材適所とは (01/25)

 インドネシアの人口は日本の約2倍あることから、優秀な人は日本より多い分、落ちこぼれもはるかに多くいる。  日本がどうして発展したか。外国人と比べて日本人が特... 全文を読む

【火焔樹】泥棒に追い銭 (01/17)

 物がよくなくなる。去年1年間でラップトップパソコン、デジタルカメラ、携帯電話、メガネ、デジタル録音機等々、いろんな物がなくなった。車までなくなった。さすがにこ... 全文を読む

【火焔樹】天使の微笑み (01/09)

 年の瀬も大詰めの昨年12月29日、1歳4カ月の小さな命が昇天した。生まれながらに心臓疾患を抱えていた彼女の父親は私の弟。つまり私の姪っ子だ。  バンドンでの... 全文を読む

【火焔樹】対等に語り合う (12/19)

 インドネシア初代大統領故スカルノ氏のオランダ植民地時代から日本軍の統治を経て、独立宣言を行うまでの闘争を描いた映画を観た。  若き日のスカルノ少年がオランダ... 全文を読む