フローレス島で開幕 国際自転車レースTdF 第1ステージ、山本3位 (2017年07月15日)

Share (facebook)
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 国際自転車レースのツール・ド・フローレス(TdF)が14日、東ヌサトゥンガラ州フローレス島で開幕した。第1ステージ(136.3キロ)は同州東フローレス県ララントゥカ市からシッカ県マウメレ市にある県庁舎を目指して行われ、キナンサイクリングチーム(日本)の山本元喜が3位に入った。
 優勝は、トレンガヌサイクリングチーム(マレーシア)のドゥルー・モーレイ。タイムは3時間28分2秒で、山本とはわずか10秒差だった。
 昨年、イタリアのジロ・デ・イタリアを完走し、ことしからキナンに加入した山本は「途中から合流する流れで遅れてしまった。インドネシアは学生や代表チームで何度か来ている。気候は問題ないので、残り5日間で総合優勝を目指したい」と意気込んだ。
 首位と2秒差の2位に入ったKFCサイクリングチーム(インドネシア)のヒバトゥラ・ジャマルは「練習にもってこいのコースなので、いい結果を残してアジア大会の代表入りにつなげたい」と語った。(中島昭浩、写真も)

ゴールするキナンの山本
ゴールするキナンの山本

このカテゴリの最新記事

本日のニュース一覧